« [Treo750] キャリア名を消す! | トップページ | [Treo750] やっと、つながった… »

2008年3月28日 (金)

[Treo750] 「Pocket WZ 3.0」を使ってみた…

今更なネタですが、急にテキストベースのアウトラインプロセッサが使いたくなって、ヴィレッジセンターの「Pocket WZ 3.0」を使い始めました。

「Pocket WZ 3.0」はビレッジセンターが発売するエディターをを中心として、メーラー、ファイラー、メモ機能を搭載した統合ソフトです。
しかし、この「Pocket WZ 3.0」は、WindowsMobile5.0には対応していないんです。(--;
現在では後継(?)の「WZモバイル 2.0」が発売されています。
「Pocket WZ 3.0」の方が動作が軽かったり、「WZモバイル 2.0」にもいろいろあったりと、今でも 「Pocket WZ 3.0」の方が良いとおっしゃる方もいます。(^^;

ネットで調べてみると、やはりいくつかの問題が見つかります。

1.「Pocket WZ 3.0」のアプリ(エディタを始め、すべて)を実行すると、「はフォルダなので、オープンできません」というエラーメッセージが出て、使えない。

→ この問題は、 でじやまさんのパッチを「WZ Editor.EXE」に当てることで、制限はありますが、実行できるようになります。(^^)

2.ファイラーアプリの「WZ Filer」が使えない。

→ 確かに「WZ Filer.EXE」を実行しても、ファイル一覧は表示されませんでした。
  しかし、一度上位のフォルダに移動すると、ファイル名が表示されました。(^^;
  一応、5Wayナビで選択して、センターボタンを押すと、ファイルが「WZ Editor」に読み込まれたので、全く使えない訳ではないようです。
  「WZ Filer」はあまり使い込んでいないので、ほかに問題があるかもしれません。

3.Treo750を「PocketPC」として認識してくれない。

→ これはどういうことかというと、キャプチャー画像を見ていただいた方が早いかと…。(--;

[Treo750] 「Pocket WZ 3.0」を使ってみた…
(Treo750の「Pocket WZ 3.0」)

(W-ZERO3の「Pocket WZ 3.0」)

W-ZERO3上で「Pocket WZ 3.0」を実行すると、画像のようにPocketPCの仕様に合わせたメニューバーが表示されます。
しかし、Treo750上で実行すると、ハンドヘルドPCのようなメニューバーが表示されます。(--;
この2つの画像はminiSDカード上に置いた同じ実行ファイルを使ったので、インストール方法やパッチの問題ではなさそうです。
ネットで調べると、iPaq上だと縦画面だとPocketPC仕様になり、横画面だとハンドヘルドPC仕様になるという問題もあるようなので、「Pocket WZ 3.0」のOS判定方法に問題があるようです。

PocketPCのメニューなら「MenuKeyHelper」を使うことで、キー操作でメニューを選択できます。
ハンドヘルドPCのメニューの場合、WindowsPCのように、ALTキー+英字で操作できるので、我慢はできます。
もちろん、画面をタップすれば、メニューの階層が表示されて、実行できるので、使えないわけではありません。
しかし、設定などの画面は、ダイアログ画面なので、Treo750の画面からはみ出してしまい、設定しづらいです。
スタイラスで、ダイアログ画面をドラッグして移動させれば、見ることも設定することもできるのですが、なんとも…。(--;

とりあえず、このまましばらく使ってみます。(^^;

(以下はメモ書き…。(^^;)

【「Pocket WZ 3.0」補足】

■VillageCenter - Pocket WZ 3.0 製品概要
http://www.villagecenter.co.jp/soft/pwz30/

■Pocket WZ-EditorをWindows Mobileで起動できるようにするパッチ
http://www.digiyama.com/zero3es/pwz.html

■説明

このパッチは、Pocket WZ-Editor 3を、W-ZERO3[es]等のWindows Mobile機で動かした時に表示される  「 はフォルダなので、オープンできません 」  というエラーダイアログを回避し、起動できるようにするものです。
ただし動作について一切の責任はもてませんので、ご使用になられる方は何が起きても自己責任ということでお願いします。

■掌のおもちゃ箱: TrionとTreoの使い方悩む!
http://zaz.air-nifty.com/blog/2007/02/triontreo_b4d5.html

TreoはPQzIIとの相性は問題ないのとPWzは動くのだがH/PC
モードで動くのでメニューバー表示部がはみ出てるし、PWz使用中
ATOKのON/OFF状態が確認できないのは非常に不便だ。

■掌のおもちゃ箱: PWZのメニューの文字消え対策
http://zaz.air-nifty.com/blog/2007/01/pwz_7e59.html

PocketWZ3.01c for WM5 PatchをTrion / Treo 750v で使用して
いるが、メニューバーなどの項目が真っ白になっていたりして
ショートカットキーだけが表示されてたり、全く見えないものもあ
るが、どうやら、半角カタカナの文字列のようだ。

半角カタカナが空白表示

PWZのインストール先フォルダーにある拡張
子 *.CFG の中の定義文字列のようでこれらを編集すればよい。
UIFILER.CFG・・・・ PWZ Filerの項目定義
UITX3.CFG ・・・・・ PWZ Editorの項目定義
UIMB.CFG / UIMBW.CFG ・・・ PWZ Mailの定義
PPCは画面が狭いので極力英語に修正して使える方が良い。

■掌のおもちゃ箱: Treo750vでのPWZ WM5patchを使用
http://zaz.air-nifty.com/blog/2007/01/treo750vpwz_wm5_9399.html

Treo750vでPocketWZ3.01cの WM5パッチ当てバージョンをしようと
したところ、WM5patchのexeコピー前にSETPPC.EXEを実行してお
くとPPC画面に合った画面になるはずがTreo750vではHPC表示
のままになる。
Trion(Hermes)ではSETPPC.EXEは有効だ。

■掌のおもちゃ箱: WindowsMobileに対して
http://zaz.air-nifty.com/blog/2008/02/windowsmobile_71ef.html

裏技的にPWZを使えるが PWZ filer が動かないのである。
コレがまた致命的である。

■morolog- 「超」 整理手帳 no コト | 悩みその2.3~ テキストエディタ PocketWZ Editor3.0
http://zipangu.morolabo.com/?eid=486175#sequel

さて、おきまりのフォント比較です。
フォントサイズでの表示比較はこんな感じです

■【PWZ】Pocket WZ/WZ MOBILE 【Part2】
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/mobile/1164209169/

126 :いつでもどこでも名無しさん:2007/07/25(水) 16:28:16 ID:???0
>>125
アドエス買ったよ。
PWZにWM5対応パッチ当てたやつは、起動はするんだが縦画面だと
メニューが画面からはみ出す。そのまま横画面にしても再描画して
くれない。はじめから横画面で起動すれば使えないことはないけど。
ちょっと気持ち悪いのでWZ mobile買った。こちらは問題無し。
しかし、マクロオプションホントに出るのか?
127 :いつでもどこでも名無しさん:2007/07/25(水) 21:30:39 ID:???0
SETPPC.EXE(だっけ?)が利かないのな。
HPC用のメニューになってる。
画面タップを厭わなければ使えなくはない、
って感じ。

187 :いつでもどこでも名無しさん:2008/01/17(木) 14:08:13 ID:F8ItiEs80
PWZ3.0に有志パッチを当てて、Treo750vやW-ZERO3などのWM5環境で使っていますが、
画面下に出てくる入力文字種のシンボル(?)は消せないものですかね?
(「あ」や「A」や「カ」など)

通常の表示だと画面上にツールバー、画面下はふつうなら何もないはずなのですが、
画面の下中央や右下などに上述のシンボルを表示する他のアプリからPWZへ切り替えてくると、
この部分だけが無駄に占拠され、そこの文字を見ることが出来ません。

この問題はどなたか解決できる方はおられませんか?
188 :いつでもどこでも名無しさん:2008/01/17(木) 20:11:14 ID:???0
遅い、遅い、何とかならんのか。
189 :いつでもどこでも名無しさん:2008/01/18(金) 11:32:18 ID:???0
>>187
諦めろ 
190 :いつでもどこでも名無しさん:2008/01/18(金) 13:11:36 ID:???P
>>187
ヒント:Shell32Ext
191 :いつでもどこでも名無しさん:2008/01/18(金) 15:19:05 ID:???0
>>187
SETPPC実行はお嫌い?

■もばぎつかい の ぶろぐ::PocketWZを使おうかと・・・
http://mobagitukai.xrea.jp/blognplus/index.php?e=139
■もばぎつかい の ぶろぐ::PocketWZを使うための環境設定(妥協編)
http://mobagitukai.xrea.jp/blognplus/index.php?e=140

ダミーDLL(aygshell.dll)を使用しているソフトを起動中にPWZを起動すると表示が乱れる(まったく使用できない)

ダミーDLLは使用するソフトと同じフォルダに入れている。
また、Windowsフォルダに aygshell.dll を入れておくと、どんな状態でも表示が乱れてしまう。

逆に、ダミーDLL使用ソフトを起動していなければ、何の問題もなく起動する。
とても快適に動作する。さすがに老舗メーカーだと改めて思う。
ぜひ20JWLで使っていきたいと思っている。

ここ2~3日、いろいろと試しているのだが、どうもうまくいかない。
どうやら、aygshell.dllの処理とPWZの内部処理がうまく同調していないものと思われる。が、よくわからない。

AYGSHELL.DLLをWindowsフォルダに入れるとエラー発生。

PWZスタートアップに追加 & 常駐モードで起動。
(他のソフト起動前に常駐してしまえば、その後の通知領域からの起動はうまく行く。ただし、PWZのファイラメーラはエラーとなってしまうが。)
拡張子の関連付け設定をしておくと、例えばtxtファイルをダブルクリックした時に、エラー状態のPWZが起動してしまうので、PWZへの拡張子関連付けは行わない。(他のエディタを指定する。)
PWZを使いたい時は、通知領域からの新規作成 or AYGSHELL.DLL使用のソフトを全て終了してからPWZを起動する

■Pocket WZ Editor 3.0
http://smart-pda.net/isourou/other/e830w/Chapter-0207.html

なお RealVGA 環境で使用するとメニューが表示されないのが残念です。

■垂れ流し日記: X01Tの導入ソフト一覧(備忘録)
http://siba.moe-nifty.com/blog/2008/01/x01t_e577.html

Googleで検索してこちらを見つけました。
SigmarionIIIからX01Tへ変更して、おおむね満足しているのですが、エディタがいちいち。
WZモバイルは動作が遅すぎで、こちらの情報でPZWが使えると知りパッチ当てを行ったのですが、HPCのメニューになってしまいます。
PPCの状態で使えるのでしょうか?

投稿 MAD | 2008年1月21日 (月) 11時55分

 MADさん、はじめまして、こんにちは。

 ご質問の件ですが、”PPCの状態”とありますが、これはPWZのメニューをPPCモードでという事でしょうか?

 パッチを当てた状態ですと、メニューはHPCモードでしか表示されないみたいです。

 個人的には、キーボードを開いて使うランドスケープモードの時に、メニューとステータスバーが一応使えているのでよしとしています。下のステータスバーの真ん中に、IMEの状態表示が出てきちゃいますが。

 キーボートを閉じているポートレートモードでも、メニューとステータスバーが中途半端に消えてしまっていますが、文字を打つ、ファイルのロードとセーブぐらいの事は使えますので、こういう物だとあきらめて使うしかないと思っています。

 PWZの中にUITX3.CFGの項目を編集してあげれば、ポートレートモードでもメニューが綺麗に表示できるように設定することが出来ます。
 以下の部分を設定すれば、ポートレートモードになんとか収まりそうです。
Subject: Menu\Ce

Menu\File "Fl:&F"
Menu\Edit "編:&E"
Menu\Search "検:&S"
Menu\View\Ce "表:&V"
Menu\Insert "挿:&I"
Menu\Outline "Ol:&O"
Menu\Tool "Tl:&T" 

 ただ、このメニューはランドスケープモードでも同じ物が表示されますので、その辺のバランスは、どちらのモードでPWZをメインに使うかで決めるのがよいかと。

 ステータスバーの方は、いまいちわかりませんでした。

 もし試す時は、UITX3.CFGをコピーしてから試すのをお忘れなく。

投稿 しば | 2008年1月23日 (水) 00時34分

■Pocket WZ EDITOR 2.07はここが変わった!

http://www.finalbeta.jp/pocketpc/obsolete/2000/pwz_for_pocketpc.html

2.06Aの段階では自然と対応できていたものの、2.06B αになった時点でH/PCとバイナリを共有し、Pocket PCであるかどうかの判別は画面サイズを基準としていたため、Pocket PC上で動かしても、H/PCと判別されてうまく動作しなかったようです。2.07 β1で、横表示での画面サイズ(320×240)もPocket PCであると判別し、正常に動作するようになりました。

■PDA(WindowsCE機)を使ってみよう: W-zero3にpocketWZエディタをインストールしてみる
http://pda05.seesaa.net/article/23019333.html

そこで、GSfinderからテキストファイルをタップして起動を試みると「フォルダなのでオープンできません」というメッセージが出てくる。そこで、OKを2度繰り返すと、アラ不思議、PocketWZエディタが起動したではないか。

もちろん、編集も可能だ。関連付けファイルから起動すればPocketWZエディタを使うことも可能なようだ。

ただ、当然のことながらいくつか不都合がある。まず、文字を編集する場合に画面上少しズレがあるのだ。1文字ほど狂いがあるようだ。当該文字を削除したつもりでDELすると1文字ずれた文字が削除される。また行末に少しゴミが表示される。

そのほかでは、プロパティの画面が全部表示しきれない。これは当然といえば当然だろう。したがって見えない部分はタップして引っ張り出さなければならない。

文書保存にも問題がある。保存しようとするとさっきと同じようなメッセージが表示される。ただ強行するときちんと保存もできている。再度編集する場合には、ファイラーから当該文書をタップすればいい。

エディタ以外のメモやファイラーもエディタから起動することができる。W-zero3にはAltキーがないが、W-ZERO3 Utility Plusを使ってtabキーに割り当ててみると何とか使える。ワンタッチでプルダウンメニューを開くことができる。

■Advanced/W-ZERO3 [es] の時間 | まとめきれないメモ #12
http://ades.studio89.jp/?eid=392771

■PWZメニューバーの代わりになる、SimpleMenuの設定ファイルを作った。
アドエスでPWZ+WM5パッチを動かすと、メニューバー描画に不具合がある。メニューバーを消して、これを使うと操作性がアップすると思う。
http://w-zero3.org/uploader/src/up0485.txt
CondExecを使って、PWZがアクティブ時にこのファイルが動くように、非アクティブ時に既存の設定ファイルが動くように、分岐処理させると便利。

http://w-zero3.org/uploader/src/up0485.txt

■垂れ流し日記: X01Tで文章を書こう
http://siba.moe-nifty.com/blog/2008/02/x01t_a486.html

WM5で使用するようにするパッチを当てて使用します。
WM6では、メニューがランドスケープモードに固定されちゃうので、ポートレートモードでもメニューが崩れてしまったりします。
ま~、その辺は、ランドスケープモードか、ポートレートモードかを見分ける部分が、違うんだろうという予想ぐらいしか出来ませんが、ま、仕方ないと言うことで。

■GEOMETRIC SPACE 雑記帳
http://www.geometric.jp/scrapbook/old/0335.htm

最悪なのがPWZで機種(OS)判定に失敗しているらしく,Pocket PCではなくH/PCorPs/PCとして認識してしまうようです。
# 2.07A,3.0α4.1で確認。
# もちろん「setppc.exe」は実行済み。

【メモ】

■電脳コレクション(小型パソコン)
http://www.mattyan.sakura.ne.jp/dennou/dennou3.shtml

BE-500はOSにWindowsCE3を採用しているが、MicrosoftのPocketPCに準拠していない。余計なラインセンスフィーが無いので低価格で提供されているのだ。PocketPCでないのでソフトも従来のWindowsCEのものが動かないというのがメーカー側の言い分だが、実際にはフリーソフトもシェアウエァもソフトメーカーもすっかりBE-500には目をかけてくれていてまず安心である。加えてどうしても動かないソフトの為にシェル機能をPocketPCに見せかけるソフトがQtaさんから発表されておりこれのおかげでPWZが見事動作する。
※Qtaさんの l'agenda 対応ソフトページ「その他各種ツール」のアーカイブに入っている「CEShell.dll」

■【PWZキター!】シグマリオン3 Vol.8【PDICキター!】
http://sigmarion3.org/namazu/thread/1055914540.html

Q.H/PC用のアプリをを動かしたいんだけど。
A.H/PC用のDLLを補えば動くことがある。
(mfcce300.dll、olece300.dll、mfcce211.dll 、olece210.dll)
これらのファイルをexeファイルと同じフォルダにコピーするか、システムパスの
通った場所に配置しておく。

Q.PocketPC用のアプリを使いたい
A.ここのダミーdllを入れると動く場合がある。ゲーム系は偽gx.dllも必要。
www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/2039/dummydll.lzh

■なつたん: 今日は代休
http://natu.txt-nifty.com/natsutan/2004/08/post_5.html

PWZで上書き/挿入モードの切り替えは、^U。PKZ.KEYのIDM_SWITCHINSERTで定義
されている。

■MobileMemo Weblog: PWZediorの使い方での失敗
http://spen.cocolog-nifty.com/mobilememo/2006/10/pwzedior_9f69.html

キーの設定で「MyKeyで定義」と設定してしまうと、「MyKey」以外の設定は読み込まない設定となるのだ。つまりWindows標準のキー定義も読み込まない。カーソルの移動などもPWZ.KEYで定義したものをもとに動作しているのだ。「MyKeyを追加」するのが正しい。

■ThinkPad Club Archive (WorkPad z50専用)
http://www.thinkpad-club.com/webforum/archive/workpadz5004.html#00360

先週からPWZを使っているので、2、3気づいたことなど。

1. _wzcfg.dat(たぶんこんな名前) というファイルに設定情報がかかれているが、これが
時々壊れてしまい、フォントが異様に小さく表示される。
 解決策は、壊れて小さくなった_wzcfg.datを削除する。

2. アウトライン表示での入力の際、見出しには、漢字を入力することが出来ない。
 たぶん PIEでのWebページでのEdit Boxに漢字を入れられないのと同じ原因でしょう。

 riched20.dll が臭いとにらんでいますが、Platform Builderにも無くお手上げです

■CEnigma rubbish
http://wakaba.tv/cenigma/rubbish.html

PWZのキーカスタマイズ。最近使ったファイルとか。F6(A6)でウィンドウ切り替えできたんですね。これはデフォルトに従いましょう。矩形選択をかっこよくやりたい、と思っていたらちょうどCTRL+Bがあいていてラッキー。これをIDM_SELECTに。これで完璧です。ずいぶん懐かしい矩形選択方法です。 VZ(for MS-DOS)以来かな。

PWZ.KEYがだいぶ汚くなったので、アルファベット順に並べ替え。 ああ、CTRL+?、ほとんど残ってない。文末とか文頭とか、 ほかのキーに追い出すことも必要かな。でも、結構使うんですよね。

|

« [Treo750] キャリア名を消す! | トップページ | [Treo750] やっと、つながった… »

Treo750」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Treo750] 「Pocket WZ 3.0」を使ってみた…:

« [Treo750] キャリア名を消す! | トップページ | [Treo750] やっと、つながった… »